虫歯治療

伊丹市の歯科(歯医者)ただ歯科クリニックの虫歯治療ページです
虫歯治療や無痛治療なら、伊丹市のただ歯科クリニックにお任せください

  • トップページ
  • 院長紹介
  • 診療科目案内
  • クリニック紹介
  • アクセス
初診ご予約

虫歯の進行過程


虫歯の始まり

虫歯の始まり

虫歯菌の様子虫歯は細菌による感染症です。
虫歯の始まりは自覚症状が無く、虫歯になっていてもあまり気付くことがありません。この状態で内に早期発見、虫歯菌の除菌を行えば、歯を削ることなく、進行は食い止められます。
自覚症状が出始め、進行を続ける

自覚症状が出始め、進行を続ける

歯の神経まで虫歯が到達むし歯菌が歯を溶かし続けた状態です。
この状態になって歯が凍みたり、痛みが出るようになります。さらに歯髄まで、虫歯が進行すれば痛みはさらに増します。自然治癒することはなく、痛みを止めるために治療をするには、歯を削らなければなりません。
激痛に襲われ、最悪の場合抜歯に

激痛に襲われ、最悪の場合抜歯に

入れ歯虫歯がここまで進行すると、夜も眠れない程の激痛に襲われます。
この痛みから逃れるためには、歯を抜く場合があります。
歯を抜いた後は入れ歯などで、失った歯を補うほかありません。

ただ歯科クリニックの虫歯治療について

ただ歯科クリニックの虫歯治療について最先端で痛みの少ない虫歯の治療や予防を行います。
また、「ミニマルインターベーション=最小限の介入」の考えのもと、できるだけ削らなくてもよい処置を施して可能な限り歯を残す治療を行います。歯に栄養を送っている神経を抜いてしまった歯はもろくなりやすいので、神経も可能な限り残す治療方法をご提案します。

年間医療費のデータからも生き生きと健康な生活を送る上で歯はとても重要な役割を担ってくれています。その大切な歯を極力、抜かない方法で様々な分野の知識、技術を生かし、十分な説明をしたのち、心を込めて確実な治療をいたします。
一本でも多くの歯を残し、患者さまが豊かで快適な生活を送れるようサポートいたします。

虫歯が原因の知覚過敏(しみる)の症状や、口内炎などお口の中の不快な症状でお困りな方も適切な処置を行なって不快を解消いたします。
最良の歯科素材補綴物その他に、保険・保険外共に詰め物、かぶせ物をする際に使用いたします歯科材料の選定にも最良の治療を提供するために厳選してこだわっております。

例えば保険で使用する白い詰め物の材料も、何十種類とありますが、その中でも強度(割れない)、変色(色が付きにくい)、接着性(外れない)、耐久性(長持ち)などの観点から厳しく選んでいます。ご安心ください。

麻酔が必要な際の無痛治療をめざして

無痛治療お子様時代に、痛い治療、押さえつけられての治療を受け、「歯医者はすごく痛いもの」という先入観を持ち、
歯医者嫌いのまま、大人になられた方がいらっしゃると思います。
表面麻酔や、電動式麻酔などを用い、可能な限り、痛みの無い・不安の無い治療を努めております。 
著しく不安の強い方にも十分な対処が可能になりました。
 (ただし炎症が急性症状の場合、お痛みを取りにくいときもあります)

以下で当院が行っている無痛治療の手順(麻酔注射の手順)をご紹介いたします。


表面麻酔・電動麻酔器
①表面麻酔
針を刺す場所の歯茎の表面を麻痺させ刺す痛みを減らします。 

②極力細い針の使用
痛みを抑えるためには細い針のほうがよいです。
現在最も細いと言われる33ゲージをつかっています。

③電動麻酔器
手動の注射器では必要以上に力が入り麻酔液が体内に入っていく圧力が苦痛になりますが、
電動麻酔器は、注入時に最もゆっくりと体内に麻酔の液を入れていきますから生体的に抵抗がなく、注射されている感覚もほとんどありません。

④テクニック
麻酔の針を入れる際に、針を動かさずに歯肉を振動させて、薬液を入れることにより、さらに痛みを軽減します。

根管治療(歯の根の治療)について

根管治療というと聞きなれない言葉だと思いますが、「歯の神経を取る治療」「根の中のお掃除」などと表現されるのが根管治療(歯の根の治療)=歯根治療です。
根管治療(歯の根の治療)について歯の根を治療する必要性が出てくる理由として

●虫歯が大きく、歯の神経が感染している
●薬の充填が根の先端まで充分に行き届いていない
●治療後も再度感染している


などが挙げられます。
根管治療(歯の根の治療)について「根管を清掃し、細菌を取り除き、薬を先端まで入れる」治療は、歯科の治療ではありふれた治療でありながら、実は困難を極めるものです。
根の先まで、お薬を到達させるのが、どれほど難しいかというと、目をつぶって針に糸を通すようなもので、目の見えないところの0.1ミリや0.2ミリのことを追求していかなければならない非常に難しい治療なのです。

また、根管治療(歯根治療)が難しい治療と言われる理由は、
次のような事が挙げられます。

伊丹市のただ歯科クリニックでは、これらの問題を理解した上で、クリアできる取り組みを実施し、治療を行っております。

根管治療(歯根治療)は建築に例えると土地の基礎工事です。基礎工事がしっかりしていないといかに立派な建物を建てたとしても不安を抱えることになります。歯も同じで、土台である歯に問題が残っていては、美しいセラミックを被せたとしても長く持つことが難しくなります。
その為、難しい根管治療(歯根治療)に対して、以下のようなこだわりを持って精密な治療を実施しております。

根幹治療における当院のこだわり

根管治療機器
根管治療は、虫歯菌に感染した神経が少しでも根管内に残ってしまうと、薬が細部まで行き届かず、折角治療しても再発してしまいます。
その為、虫歯に感染した組織を如何にキレイに取り除くかが重要ですが、歯の内部は細く複雑に入り組んでおり、徹底した神経の除去は困難を極めます。

そこで当院では、この根幹治療機器「Root ZX3」を導入しました。
この機器は、HFC(高周波通電)により歯髄や根管内外の感染組織、汚染物質の焼灼することで、細く枝分かれした神経の先まで徹底した除去が可能です。
焼灼時に止血・凝固も同時に行うので、出血の心配もございません。
また、歯の根の長さを正確に測定できるので、神経の取り除しを防ぎます。

この他にもRoot ZX3は、歯根の先にできてしまった病巣も焼灼できたり、電気メスとしても活用できる為、あらゆる症例でも柔軟に対応できます。
根管治療機器


歯科用CT
CTを用いての画像診断
見えない根管を見えるようにする方法の一つとしてCT画像診断があります。
3次元の根管の形を正確に捉えたり、病気が生じている部分を的確に診断するには非常に有効な方法と言えます。

伊丹市のただ歯科クリニックでは必要に応じてCT撮影をし、診断を行います。
従来の2次元のレントゲン画像では見えなかったものが見えるようになり、複雑な形態の根管に対しては、より確実な診断や治療が行えます。

レントゲン
根管治療(歯根治療)の適切な処置には時間がかかることが往々としてありますので、その点ご理解の上、治療に臨んで頂ければと思います。
もちろん疑問などございましたら、来院時にいつでもお気軽にご質問下さい。
プレオルソ
ドクターズファイル
伊丹市の歯科(歯医者)ただ歯科クリニック
〒664-0004 兵庫県伊丹市東野6丁目6
ネット診療ご予約